NEWS

セラポットで「サラダチキン」はいかがですか?

いつもご愛顧いただきまして、
誠にありがとうございます。

あっという間に10連休も終わりますが、
頭の中も体もしっかり切り替えて、
心地よく連休明けをスタートしたいものですね。

さっそくですが、
夏に向けてのダイエットという方も
いらっしゃるのでは・・・。

ダイエットといえば、食事や筋トレ。

そのために必要なのが、たんぱく質摂取ということで、
大変人気があるのが「サラダチキン」。

今回は、「サラダチキン」をセラポットで、
なるべく簡単で、美味しく作れないかなと試行錯誤してみました。

そのままでも美味しくいただける「サラダチキン」は、
サラダはもちろん和え物や
さらに料理の材料としても使えます。

セラポットならではの簡単な作り方をご案内いたします。
(下味をつけて6〜12時間と6分調理と冷ます時間が必要です。
作って、すぐは食べれませんので、あしからず。)

【サラダチキンの材料】

鶏むね肉 2枚(約400g)
ミックスハーブソルト(塩でもOK) 小さじ2
ブラックペッパー(普通のコショウでもOK) 適量
オリーブオイル(サラダ油でもOK) 小さじ1
砂糖 大さじ1
とうがら酢(お酢またはレモン汁でもOK) 大さじ1
お水 大さじ1

① 鶏むね肉は、皮をつけたままフォークで表面に穴を開けます。
(カロリーをなるべく低くしたい時は皮は取る。皮付きの方が味は美味しいです、お好みで。)

② ジッパー付ビニール袋(普通のビニール袋でもOK)に
①を入れる。(大きさは余裕があるものがいいですね。)

③ 鶏むね肉を入れたビニール袋に残りの材料を入れる。

※ハーブ系が苦手な方は、普通の塩でOKです。
 その代わりレモン汁を入れることで臭みが取れていいと思います。お好みでアレンジしてみてくださいね。

④ 全ての材料を入れたら、袋の上から材料を混ぜるように、
鶏肉に味をなじませるようにもみ込んでから、
袋の口を閉じます。
(冷蔵庫で、6〜12時間おく。お好みで。)

⑤ セラポットの浅鍋を準備して、④のビニール袋から取り出し、
鶏肉(皮付きの場合は皮を下にするのがおススメ。若干火の通りがよさそうなので。)と、
漬け込んだ液体も全てそのまま、浅鍋に入れます。

⑥ 蓋をしてあふれない程度ギリギリまで、
浅鍋にお水を入れて、蓋をする。
(鶏肉の量に合わせて、お水の量は様子を見ながら。)
そして、鍋蓋の穴から湯気が出始めるまで、中火。

⑦ 全体的に温まったら(沸騰寸前)で、超弱火で5分して、
鶏肉の上下を返して、超弱火で1分、そして火を消す。
そのまま蓋をして、浅鍋にいれたまま保温調理して、
そのまま冷ます。

⑧ 鶏肉が冷めたら、キッチンペーパーで水分を拭き取り、
ラップに包んで、冷蔵庫で保存する。
(賞味期限はご自身でご判断をお願いいたします。)

そのままでももちろん美味しいですが、
他のお料理にもアレンジしやすいような味にしてみました。

オリジナルの下味つけにチャレンジしてみるのもオススメです。

お役に立てたら、幸いです。

  • セラポット【国産・遠赤外線鍋(深鍋・浅鍋)セット・チャコールブラック・送料無料・一郷だし1個プレゼント】

    ¥32,780

  • セラポット【国産・遠赤外線鍋(深鍋・浅鍋)セット・オフホワイト・送料無料・一郷だし1個プレゼント】

    ¥32,780

  • セラポット【国産・遠赤外線鍋(深鍋・浅鍋)セット・モスグリーン・送料無料・一郷だし1個プレゼント】

    ¥32,780

  • セラポット【国産・遠赤外線鍋(深鍋・浅鍋)セット・レモンイエロー・送料無料・一郷だし1個プレゼント】

    ¥32,780